最近の研究

機械学習の量子多体問題への応用

量子力学の問題は一般に、扱う粒子の数が増えるにつれて急速に難しくなり、コンピュータを用いても厳密に解くことがほぼ不可能になります。そのような量子多体問題に対して、ニューラルネットワークを用いた機械学習を巧く使うと、効率よく近似解が求まることを明らかにしました。機械学習の分野は近年急速に発展していますが、その物理学への応用も大いに期待されます。


ボース凝縮体におけるSkyrmionの衝突

一本の紐に結び目を作り両端を手に持つと、手を離さない限り結び目をほどくことはできませんし、結び目の数を変えることもできません。これに似たような状態が二成分ボース凝縮体でも実現できます。この研究では、ボース凝縮体中でSkyrmionと呼ばれる二つの「結び目」を互いに衝突させたときのダイナミクスを調べました。


ボース凝縮体におけるカルマン渦列

川の流れの中に棒を立てると、その下流に渦が生成され規則的に並ぶことが 知られています。 このような渦列の発生は自然界のあらゆるところで見られ、「カルマン渦列」 と呼ばれています。 カルマン渦列の発生は従来、流体の粘性に深く関係していると 考えられていましたが、本研究では粘性を持たない超流動体においても カルマン渦列が発生することを明らかにしました( 渦列発生の様子)。 この様子を示した図が Physical Review Letters 誌の表紙 を飾りました。

過去の研究